TEL.03-3706-2211

小田急線
経堂駅徒歩2分

スポーツ整形外科

スポーツ整形外科とは

スポーツ整形外科

主にスポーツで起きたとされる組織の損傷を中心に診療していくのがスポーツ整形外科です。この場合、日常生活でみられる運動器の症状とは違って特殊なことが多いので、当クリニックでは一般整形外科とは分けて診療を行っています。

各種目の運動内容や、種目による特有の外傷・障害、スポーツレベルなどを加味した上で、早期の回復を目標に、それぞれの症状にあわせて運動療法、装具療法、手術療法、リハビリテーションなどによる治療を行っていきます。

なおスポーツが引き起こす組織損傷については大きく2つに分けることができます。ひとつはスポーツ外傷で、これはスポーツの最中に起きた、とても大きな外力が加わることで発生したケガのことで、骨折や靭帯損傷などが挙げられます。また、同じスポーツをしている中で、過度な負荷を同じ部位で長期的に繰り返すことで組織損傷が発生することがあります。これをスポーツ障害と言い、疲労骨折や習慣的な脱臼などがこれに当たります。

初期診療にあたっては、早期回復と再発予防といった点を念頭に置き、患者さまのケガの程度、年齢、性別、現在行っているスポーツの種目などの情報をしっかり把握したうえで、適切とされる治療を始めていきます。

主なスポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷
突き指、打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ など
スポーツ障害
野球肩、野球肘、テニス肘、テニスレッグ、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折 など

部位別のスポーツ外傷とスポーツ障害

部位 スポーツ外傷 スポーツ障害
頸部 頸部(頚髄、頸椎)損傷、バーナー症候群
肩・上腕 投球骨折 野球肩、水泳肩、上腕二頭筋長頭筋障害、肩峰下インピンジメント症候群
胸部 助骨疲労骨折
肘関節、前腕 野球肘、テニス肘、ゴルフ肘、離断性骨軟骨炎、尺骨疲労骨折
手、指 スキーヤー母指、槌指
腰部 脊椎分離症
大腿 大腿骨疲労骨折
骨盤、股関節 骨盤裂離骨折 坐骨結節骨端症、骨盤疲労骨折、大腿骨頸部疲労骨折
脚の筋肉 肉離れ・筋断裂、筋挫傷
膝・下腿 半月板損傷、膝十字靭帯損傷、膝蓋骨脱臼 離断性骨軟骨炎、ジャンパー膝、ランナー膝、腸頸靭帯炎、鵞足炎、シンスプリント、オズグッド・シュラッター病、シンティングラーセン・ヨハンソン病、脛骨疲労骨折、腓骨疲労骨折、テニスレッグ
アキレス腱断裂、足関節靭帯損傷 シーヴァー病、アキレス腱炎・周囲炎、足底腱膜炎、中足骨疲労骨折、踵骨疲労骨折、舟状骨疲労骨折

経堂リハビリ整形外科

院長
尹 善弘
診療内容
整形外科、リハビリテーション科、小児整形外科、
スポーツ整形外科、ロコモティブシンドローム、
骨粗しょう症、予防接種、自費診療
住所
〒156-0052 
東京都世田谷区経堂2-14-10 オオゼキ経堂駅前店2階
最寄駅
小田急線 経堂駅徒歩2分

TEL.03-3706-2211

診療時間
9:00~13:00
(12:30受付終了)
15:00〜19:00
(18:30受付終了)

休診日:水曜、日曜・祝日 9:00~14:00(13:30受付終了)